PAGE TOP

メークアップにまつわる伝説

TOPPAGE > 女性のほとんどは加齢が進むとお肌のシ

女性のほとんどは加齢が進むとお肌のシ

女性のほとんどは加齢が進むとお肌のシミや角質が気になってくるものです。

年齢と共に自然に発生するものとも言えますが、やっぱり見た目的には良いとは言い難いでしょう。


しかし、スキンケアによって良い方向へと向かう可能性は十分にあります。
肌のお手入れを欠かすことなく続けて、見た目年齢の若いきれいな肌を再び手に入れましょう。皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。


皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、皮膚にシワが刻まれていくことになる為す。
シワが目たつ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて乾燥の影響を受けやすくなっており、どこよりも早く、小ジワが出てくることになるでしょう。



それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減少の一途をたどるばかりですから、これによってもシワ、たるみは増えていくことになる為す。アトピーの人には、天然成分だけでできているようなスキンケア化粧品を使用するといいでしょう。

中には塩水で治癒するという説もあり、浴槽のお湯に塩を入れたり、夏は海で頻繁に海水浴をすると治癒する方向に向かうと言われています。でも、現実では、患部にはかき傷があることがほとんどで、この方法では大変しみてしまうのが欠点です。
肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れている事がわかります。



ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。
よくいう「キメが整った肌」は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。


でも、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。表皮が荒れて、バリアとしての機能が上手く働かないでいると、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみをつくることになるでしょう。敏感肌イコール乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)といっても良いくらい敏感肌と乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)は同じカテゴリとして考えたほうが良いくらい深い関係であるといえます。
一度乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)になれば、ちょっとした外部からの刺激を感じても過剰な反応を起こし、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌トラブルが起こってしまうようになるでしょう。この原因には、乾燥により肌表面の角質層が薄くなり、外からの刺激を肌内部まで通しやすくなっている事がワケです。今年持とうとう誕生日がきてしまいました。とうとう私も40代の仲間入りをしてしまいました。


これまではUVケア(具体的には、帽子やサングラス、手袋などを着用する、日焼け止めを塗る、長袖を着る、日傘を使うなどです)と安価な化粧水くらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまでのスキンケアでは通用しない年齢ですよね。自分で出来るエイジングケアには各種の方法があるようなので、調べてみたいと思案しています。ニキビというのは再発しやすい肌のトラブルだとよく言います。


治癒したからと言って不摂生や暴飲暴食などを行っていると、すぐにまたニキビはできてしまいます。
ニキビの再発を予防するには、肌の清潔な状態を保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、十分に睡眠を取っていく事が重要だと思います。ドライスキンに悩む方のケア方法としては、化粧水を使ってお肌にしっかり保湿をした後、必ず乳液を付けて、補給した水分を逃さないようにお肌にふたをします。
それに、お肌の内側からも、潤いを与えることが重要なので、トータルで2Lくらいの水を取り入れるようにしてちょーだい。



しっかりと水分補給と保湿をして、お肌のトラブルを解決して美肌創りをはじめましょう。
緑が鮮やかな緑茶は、カテキン豊富な食材です。カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用を補完する役割をしています。
美白を目指すのならビタミンCの力は欠かせないので、カテキンとビタミンCの両方を同時に体内にとりこんでいけば、メラニン色素が沈着し、シミの基になることを防ぐことができます。ニキビは潰しても問題ないのでしょうか。実を言うと、ニキビは潰して良いものと潰してはダメな状態のニキビがあります。



潰しても大丈夫なニキビの状態とは、炎症を起こしたニキビが落ち着いてきて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。

こんなニキビの状態は、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になるでしょうから、針や専用危惧を使って行うのであれば、潰してしまっても問題ないでしょう。
Copyright (C) 2014 メークアップにまつわる伝説 All Rights Reserved.